デリヘル

マニア東京 茜-Akane-(24)体験レポ! 得意の足指を駆使したエロテクニックが魅力の現役AV女優ハーフ美女【鶯谷/デリヘル】

店舗情報

店舗名

マニア東京

お店のHP

http://m-tokyo.com/

風俗の種類

デリヘル

お店の特徴

  • 「M的なフェチ願望」「M的マニア性」を重視したサービス
  • M要素の強い性的嗜好者のための変態クラブ
  • オプションの数が豊富

エリア

鶯谷

プレイ時間と料金

80分25,000円+オプション3,000円

合計28,000円

利用ホテル名

ステーションスクエア

女の子について

女の子

名前 茜-Akane-
年齢 24
身長 158cm
スリーサイズ B82(C) W57 H81
写メ日記

※画像はタップで拡大します

女の子の推定年齢

24歳

女の子のスタイル

細め

写真の信用度

少し修正あり

投稿者情報

投稿者

投稿者の名前 パンスト太郎様
投稿者の年齢 30代
投稿回数 12回目
他の体験レポ パンスト太郎様の体験レポ一覧はこちら

女の子の好み

顔は美人よりも可愛い系、雰囲気はのんびりしたおっとり系

お店の利用回数

初めて

受付からプレイ開始まで

仕事も一段落し、時間に余裕ができたので肉体的、精神的に溜まった疲れを取るため風俗へ。

前回は料金の安さに特化したお店を利用しましたが、給料も入ったばかりということで奮発して質の高いお店に!

選んだのがマニア東京です。

いつも通りスマートフォンからお店にアクセスして女の子のチェックをします。

するとコンパニオン(このお店の女性の呼び名)の詳細ページに大量のオプションが掲載されていることに気が付きました。

無料から有料まで50種類以上あるオプションの多さに驚きつつ、一つずつ確認していくと何やら気になる項目が…。

「長期着用パンスト(完全予約)」

パンストが大好物で生粋に脚&匂いフェチの私にとって何よりも嬉しいオプションです。

とはいえ、長期着用をしてもらうとなれば、今日の利用は無理…。

完全に風俗モードになっていたこともあってかなりかなり悩みました。

しかし、高いお店を利用する以上悔いを残したくないと思い、その日は予約だけ済ませることにしました。

男性スタッフから過去の利用経験を聞かれたので初めてであることを告げと軽くシステムについて説明を受けます。

そして3日後の夕方の予約と有料オプションの利用を告げその日を終えました。

たぎる欲望を抑えて過ごすこと3日、ついに予約当日の日を迎えます。

息子も待ちきれない様子で朝から元気に勃起。

仕事中も風俗のことばかり考えてろくに集中もできません。

適当に業務をこなし退社時間と同時に会社を後にして、指定のホテルに向かいました。

予約時に最寄駅前に着いたら一度電話を入れるよう指示されていたのでお店に電話。

男性スタッフが駅からホテルまでの経路について詳しく教えてくれます。

正直私は東京の東側はほとんど訪れる機会もないので、道案内をしてくれるのはとても助かりました。

この辺は高級風俗ならではの心配りだと思います。

無事にホテルに着いてチェックインを告げると、女性を向かわせるので部屋で待機とのこと。

いそいそと部屋に入り、先にシャワーを済ませておきます。

するとシャワーから出て10分ほど経った頃にノックをする音が聞こえドアを開けるとそこには茜さんが立っていました。

女の子の特徴

ルックス

HPに掲載されている写真では可愛い系の顔立ちをしていますが、実際に会ってみるとハーフならではの整った美人系でした。

大きめの目が印象的です。

写真のイメージそのままで会うと違った印象を受けますが、別段修整をしているという感じはありません。

メイクによって印象が変わる程度の誤差なのかなと思うので十分許容範囲です。

髪の毛は肩に掛かるくらいのセミロングで髪の毛や顔立ちが芸能人で例えると声優の原奈津子さん(わかりずらくてすみません)に似ています。

スタイル

プロフィールでは158cmと記載されていますが、私の180cmの身長から比べるともっと小さいようにも感じました。

バストは82cmと数字だけ見れば普通サイズです。

しかし、実際に揉んでみるとボリュームがあり、Cカップぐらいはあるのではないでしょうか。

乳輪の大きさは普通、それに対して乳首が小さめなので見た目が可愛らしいです。

ちなみに乳首の色は茶色でした。

アンダーヘアーは自分で剃っているらしく、全く生えていないいわゆるパイパンです。

茜さんの体で特に印象的だったのは脚の細さと長さで、脚フェチは確実に興奮します。

接客・サービス姿勢

あくまで私個人の印象ですが、見た目だけだとタメ口で馴れ馴れしく話す感じかなと思ってました。

しかしながら、実際はしっかりと敬語で会話をしてくれます。

喋る時は相手の目を見るという接客の基本もできていて、話しながらこちらのテンポを読みとり合わせてくれる柔軟性も持ち合わせています。

こういう基本が意外とできない人も多い中、茜さんは完璧でした。

おもてなし精神も旺盛で、男性が喜ぶポイントをしっかりと抑えているので、心地良くサービスを受けることができました。

タバコ・お絵かきについて

タバコも吸っておらず、体のどこにもお絵かきはありませんでした。

プレイ内容について

ドアを開け念願の茜さんとのご対面。

私の顔を見て

「こんばんは、ご指名いただきました茜です」

と満面の笑顔で挨拶をしてくれます。

身長差があるので当たり前のことですが、下から見上げられる形で見つめられるとドキドキ。

思わずその場で抱きしめたくなる気持ちを抑えて部屋に案内しました。

茜さんはベッドに腰を掛けると

「えっと、確か私を指名するのは初めてですよね?」

と問い掛けてきたのでお店の利用自体初めてであることを告げました。

「なるほど、じゃあまずうちのシステムの説明をしますね」

と私の体に密着するように寄り添って丁寧に説明をしてくれます。

茜さんから発せられる甘い香水の匂いと色っぽい声に正直説明はほとんど頭に入っていませんでした。

「じゃあ、次はプレイについて」

「攻めの強さと希望するプレイ、自分の変態度合いについて話してくれますか?」

自分がいかに変態であるかを赤裸々に告白し、いよいよプレイの開始です。

「まずは何をしたいのかしら?言ってみなさい」

茜さんの方も仕事の女王様モードに入ったようなので

「足の匂いを嗅がせてください…」

とお願いします。

「ふ~ん、足の匂いが嗅ぎたいの…」

「いいわよ、でもその前にやることがあるでしょ」

「?」

「着てる服を脱いで全裸になるのよ!」

「それくらい言われなくても察しなさいよ!このブタ野郎」

正直そこまでのプレイは望んでいなかったのですが、言われるがまま全裸になります。

「なに手で隠してるのよ!手をどかして粗末な物を見せてみなさい!」

「はい」

「何なのそれ!ホントに粗末じゃない」

「体はでかいくせして短小包茎とかみっともないわね」

「…」

「まあ、いいわ。それじゃご希望通り私の足の匂いを嗅がせてあげる」

「あんたが望んだように3日間履いたからかなり臭いわよ。覚悟しなさい」

いよいよ待ちにまった足とのご対面です。

茜さんが言うように、3日間履き続けたことで足の蒸れた匂いがしっかりと感じられます。

かなり離れていても臭さがわかりました。

経験上、このレベルは一気に嗅ぐと鼻をやられます。

なので徐々に鼻を慣らしていこうと思った瞬間、

「なに遠慮してんのよ。嗅ぎたかったんでしょ?好きなだけ嗅ぎなさいよ」

と足を顔に擦り付けられました。

その瞬間気絶しそうなレベルの臭気が鼻を直撃します。

「どう?臭いでしょ?満足かしら?」

「はい、最高に臭くて興奮します」

普通の人なら嘔吐してもおかしくない激臭が鼻を刺激し、興奮の高まりと共に息子も元気になってきました。

「勃起してきてるじゃない。こんな臭い足に興奮するなんてどんだけ変態よ」

「しかもブヒブヒ鼻を鳴らしながら嗅いじゃって、ホントにブタね」

と蔑むような目線と言葉でより興奮を高めてくれます。

「さて、この後はどうしてほしいのかしら?」

「茜さんの口で…」

「ダメよ。あんたみたいな変態のブタ野郎は足で十分よ」

茜さんのパンストに包まれた綺麗な足が我慢汁にまみれた息子を包み込みます。

「さっきまであんなに小さかったくせに…」

「足の匂いでこんなに大きくしちゃってみっともない」

「言っておくけど私の足攻めは強烈よ。覚悟しなさい」

今回茜さんを指名したのは足の指が器用に動かせて、足コキプレイが得意と書いてあったからです。

実際にパンストを履いた状態でも上手に足の指を動かして亀頭や裏筋を巧みに刺激してきました。

これまで足コキプレイは何度も経験してきましたが、5本の指に入るくらいのテクニシャンです。

できるだけ長く快感を味わいたかったのですが、あまりの気持ち良さに10分ほどで絶頂が近くなってきました。

「あ、もうイキそうです」

「何、もうイクの?だらしないわね。いいわよ、じゃあそのままイキなさい!」

「はい。茜さんの臭い足で踏まれてイキます」

と絶頂の声と共に茜さんの足に大量の精子をぶちまけました。

「どんだけ溜め込んでんのよ。足を妊娠させる気?」

と茜さんも呆れ顔。

放心状態の中、私の大量の精子にまみれた茜さんの足の指を見ているとそのいやらしさに興奮。

逝ったばかりにもかかわらず、息子が元気になってきました。

「ちょっといったばかりなのにもう勃ってるじゃない。これはおしおきが必要ね」

続けざまに2回戦に突入して満足しました。

体験レポまとめ

今回の総評

高級風俗というだけあって、基本料金が通常よりも値段が高く、利用する前は若干不安を感じていました。

しかし、値段が高い分オプションが豊富で女性の質も高く、納得できるサービスを受けられたので満足です。

今回の満足度

(5.0/5.0)

※最高が5で普通が3の採点基準です

リピートしたいかどうか

値段が高いのでおいそれとは行くことはできません。

給料日直後などお金に余裕のある時にまた行きたいです。

こんな人におすすめ

  • テクニックを含む女性の質を重視する人
  • いろいろなプレイを楽しみたい人

こんな人は向いてない

  • 風俗に値段の安さを求める人
  • 変態プレイではなく普通のプレイで満足できる人

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です